勤労感謝の日は曇り空・冬を思うような

11月の祝日は下旬23日が勤労感謝の日、初旬の文化の日は晴れましたが下旬のこの日は朝から気温が低く、空も冬を思うような曇りです。
午前中から少し風も吹き天気予報にあった雪の雰囲気がする、下旬の勤労感謝の日の趣旨としては祝日法というのがあって、この日の意味する内容があります。

平日勤務でこの祝日はお休み、意味するところを検索してみたら勤労感謝の日は「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」の意味だそうです。
祝日休みはたまたま暇だったから、日本としての知識を辿ってみるのもいいかと思えた、この一文で「生産を祝い」という箇所は経済活性の意味で作ったと考えられます。

日本国内のこととして、祝日に関する祝日法があるというのも検索でわかったことの一つ、制定されたのが昭和23年というふうにウィキペディアにはありました。
勤労感謝の日の趣旨としての「勤労をたっとび、感謝する」とあるけれど、日々働けることは健康というものだから、大切にしようという考え方のほうが解釈し易いです。

色々な分野で生産や技術が進めば経済は活性化する、大戦が治まった20年台に考えたのは国の発展への初歩というもの、時代の変遷をみれば勤労を尊ぶという趣旨が活きたということになりますね。続きはこちら⇒セディシャンプー

勤労感謝の日は曇り空・冬を思うような

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です