サッカー日本代表どうなる世代交代

先日行われたサッカーワールドカップアジア最終予選。日本対サウジアラビアの一戦で見せた、ハリル監督の若手起用。これまで日本を引っ張ってきたベテランの本田、岡崎、香川の3人の重要な選手がスタメン起用されず、海外で飛躍的な成長を見せる、大迫、原口、久保、清武の攻撃陣に変わりました。はじめ、スタメンを見た時は不安でしかありませんでした。しかも、この大切な試合にこのスタメンは危険すぎる、経験が少ない若手を使うハリル監督の意図が見えなかったわけです。負ければ、監督の存続も考えられないところでのこの采配。驚きですよね。しかし、試合が始まり驚いたのが、しっかりと機能していて、素晴らしい攻めを見せていることです。完全にサウジアラビアを圧倒していましたし、最近の試合では見れない連動性がまた戻っていました。これまでのチームよりもはるかにスピードが速くてビックリ。なぜにここまでのチームを短時間で作りあげたのか、本当に信じられない試合を展開しました。若手選手のレギュラーを逃さないという日本魂に火を付けたかのような素晴らしい動き。見ている私たちが気持ちよかったです。本大会出場はまだまだこれからですが、明るい兆しが見え始めました。あわせて読むとおすすめ>>>>>http://xn--signalift-uy4hqczkza8m0m.xyz/

サッカー日本代表どうなる世代交代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です